Reuters logo
クルド自治政府が住民投票凍結で原油価格はどうなる? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年10月27日 / 09:24 / 1ヶ月前

クルド自治政府が住民投票凍結で原油価格はどうなる? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*18:19JST クルド自治政府が住民投票凍結で原油価格はどうなる? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
今日は原油市場を取り巻くファンダメンタル要因についてレポートします。

イラク政府は北部キルクークの油田地帯などクルド人支配地域に軍隊を送り支配下に置きました。キルクーク周辺ではクルド自治政府との衝突が続いており、地政学リスクが懸念されているようです。ただ、クルド自治政府は武力衝突を続けることに消極的なようで、レポートでは、『イラクのクルド自治政府は25日、イラク政府軍との衝突を終結するために、9月25日に実施したイラクからの独立を問う住民投票の結果を保留し、イラク中央政府との対話による解決を目指す方針を示しました』と伝えています。

さらにレポートでは、『クルド自治政府は、声明で「クルド自治政府とイラク中央政府との衝突は双方に勝利をもたらすものではなく、国全体の破壊に繋がる。」と指摘し、イラク中央政府軍の即時停戦や住民投票の凍結、イラク中央政府との開かれた対話の開始を提案しました』とも紹介しています。クルド自治政府が姿勢をやわらげたことにより、中東の地政学的リスクが沈静化に向かう可能性が高まってきたようです。

では、これから原油価格がどうなるかというと、地政学リスクの沈静化と需給の改善を受け、『先月下旬も52ドル台が高値一杯となっていたので、ここでダブルトップを形成する可能性も高まってきました。ここは原油市場の売りの急所となるのかもしれません』との見解となっています。チェックしてまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月25日付「原油市場パート2」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below