Reuters logo
中国公安部、声紋バンクを設立 音声通話も監視か
2017年11月2日 / 02:24 / 23日後

中国公安部、声紋バンクを設立 音声通話も監視か


*11:16JST 中国公安部、声紋バンクを設立 音声通話も監視か
 国際人権NGOのヒューマン・ライツ・ウォッチ(以下HRW、本部ニューヨーク)の公式サイトは22日、中国公安部が全国民の声紋情報を管理するデーターバンクを設けていると明らかにし、声紋採集の対象は前科のある人・犯罪被疑者にとどまらず一般市民に及んでいることに懸念を示した。


 HRWによると、IT企業の安徽省科大訊飛(Iflytek)がこの国家プロジェクトに技術協力し、声の主を自動的に識別できる監視システムを開発している。まだ試験段階で、電話やインターネットの音声通信をフルタイムで監視し、特定のキーワードが含まれる通話の主は割り出される。


 HRWは今年8月はじめに同社に公安部との提携関係の説明をもとめる書面を送ったが、同社が回答していないという。


 HRWのソフィー・リチャードソン中国部主任などによると、2012年から全国各省・市の公安当局があいつぎ声紋採集設備を導入、Iflytekと公安部の共同実験室が技術サポートする。ウイグル族居住地の新疆ウイグル自治区で採集用施設まで設けられた。一部の地域の公安当局は公開集団採集を実施。採集に応じるのは市民の義務と定められている。


 リチャードソン氏は、採集対象を定める法律、声紋情報の使途が不明確であると指摘し、人権弾圧に濫用される可能性が高いと危惧した。


 HRWは内部情報として、公安当局が声紋とあわせて、DNA・指紋・掌紋などをも一括的に採集し、一元管理していると明かし、「共産党政権は全国民を監視するネットワークを日々強化している」と非難した。


 通話監視に転用できるとされるIflytekの音声入力アプリは、推定利用者数8.9億人のアンドロイドスマートフォンに導入されている。同社の顧客個人情報保護の声明では顧客情報の守秘を約束していながら、「政府当局が要求する場合、情報を提供する」としている。

(翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below