Reuters logo
神戸製鋼データ改ざん問題 中国市民「それでも中国製より質が良い」
2017年11月2日 / 02:24 / 15日後

神戸製鋼データ改ざん問題 中国市民「それでも中国製より質が良い」


*11:17JST 神戸製鋼データ改ざん問題 中国市民「それでも中国製より質が良い」
 不正事実が次々と明るみに出ている神戸製鋼の性能データ改ざん事件。名門企業だけに、メイドインジャパンの信頼性を失墜させたと批判され、事態は大きくなる一方だ。


 最初に不正が報じられたのは10月8日。当初、アルミ・銅製品のみと発表したが、3日後には鉄粉や液晶画面材料でも不正があったと認めた。さらに鋼線、ステンレス鋼線まで広がった。素材メーカーだけに出荷先も多く、データを改ざんされた製品は鉄道、自動車、航空機メーカーなど500社以上に上った。


 同社製品は中国にも輸出している。10月27日、江西省のある工場は神戸製鋼の製品(300万元相当)を返品したと報じた。返品されたのは蒸発機に使用される配管自動溶接設備。同設備は使用中、温度が異常に上昇したため、検査を実施したところ、問題が発覚したという。「品質不良の外国製品を決して見逃さない」と品質に厳しい態度を示した。


 しかし、報道を見た中国市民の反応は冷静だった。「データ改ざんがあったとしても日本の製品は中国製品より質が良い」と擁護するコメントが投稿され、市民は中国製品に対する強い不信感をあらわにした。


 また、中国の鉄鋼生産能力の過剰問題を引き合いに出し、「国産の鉄鋼が余っているのに、なぜ日本の鉄鋼を輸入しているのか」と皮肉った。


 さらに、中国製品の質の悪さは嘲笑の対象となっている。「偽物王国が外国製品を取り締まっているとは驚きだ」「日本の製品は中古品でも中国産より使いやすい」「神戸製鋼が改ざんしたデータを是非公開してほしい。中国製の鉄鋼製品のデータと比べてみたい」


 中国メディアは神戸製鋼の不正を連日のように報じている。「テレビで毎日取り上げているが、神戸製鋼は今の基準を10倍緩めても問題がない」「データの改ざんは良くないが、鉄鋼製品の品質が悪いというわけではない」「テレビはあおりすぎだ」「この事件をあおり、市民に日本製品を敬遠させようとでも思っているのか、そうはいかない」と市民は冷静に受け止めている。

(李沐恩)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below