Reuters logo
東日本大震災レベルM9でテスト 強耐震コンクリ補強素材を発明=カナダUBC
2017年11月2日 / 02:29 / 22日後

東日本大震災レベルM9でテスト 強耐震コンクリ補強素材を発明=カナダUBC


*11:17JST 東日本大震災レベルM9でテスト 強耐震コンクリ補強素材を発明=カナダUBC
 カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)が、東日本大震災もの非常に強い地震にも耐えられるというコンクリート補強繊維素材を発明した。しかも、スプレーのように外壁に吹きつけて塗装するだけで、建物の強度を増すことができる。


 研究チームによると、この新素材「EDCC」は、コンクリートの材料となるセメントの成分70%をフライアッシュ(石炭の灰)に置き換え、ポリマー系など複数の添加剤を加え調合したもの。鋼鉄のように強度が高く、延性に優れている。 


 UBC都市工学部長サルマン・ソレイマニ=ダスタキ(SalmanSoleimani-Dashtaki)博士によると、「1センチのEDCC表面塗装をした耐震壁は、東北大地震と同じマグニチュード9の揺れでも、壁を崩落から防ぐことができた」と主張する。


 耐震試験ではマグニチュード9に設定した場合、通常のコンクリートブロック壁が65%も崩れたのに対して、新素材EDCCをコンクリ壁表面にスプレーした壁は、振動で大きくたわむが、崩壊しなかった。


 EDCCはブリティッシュコロンビア州の耐震補強計画に公式登録されている。同州ハイテク担当メラニー・マーク(MelanieMark)大臣は、「この発明はブリティッシュコロンビアに住む人々を救うだけでなく、世界中の人々を救うことができるようになるだろう」と自信を示した。


 この研究は、カナダとインドの研究協力を促進する財団IC-IMPACTSより研究資金を受けている。近いうちに、EDCC補強工事をバンクーバーにある小学校と、インド北部の地震地帯の学校で行われる予定。


 この最新技術は、防災や対障害強化として石油やガスパイプライン、道路舗装、海上プラットフォーム、橋梁など、また形を保存したい歴史的な建造物の保存など、用途は幅広いと考えられている。

(大紀元ウェブ編集チーム)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below