Reuters logo
王岐山氏、来年国家副主席に就任か=香港紙
2017年11月2日 / 02:29 / 19日後

王岐山氏、来年国家副主席に就任か=香港紙


*11:18JST 王岐山氏、来年国家副主席に就任か=香港紙
 中国共産党中央規律検査委員会前書記の王岐山氏は来年春開催予定の「両会」(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)で国家副主席に就任する可能性が浮上した。習近平国家主席の盟友である王氏は、24日に閉幕した党大会で最高指導部からの退任が決まったばかりだ。党大会後の王氏の待遇問題について注目されている。


 香港紙・星島日報(30日付)によると、69歳の王氏は最高指導部から退いた後、習近平氏の要請に応じて来年に国家副主席に就き、外交や国家安全問題で習氏に補佐していく。習氏と王氏の政治理念が一致しているうえ、習氏は過去5年王氏の反腐敗運動で上げた大きな業績を称えているという。


 同報道は、党内長老の王震氏(故人)らの事例では、過去に国家副主席に選ばれた人は必ずしも中央政治局委員ではないとの認識を示した。


 また、在米中国政治評論家の陳破空氏もこのほど、米中国語テレビ放送「新唐人」の時事番組で、習近平氏の重要なブレーンである王岐山氏が今後、国家主席の特使を務める可能性があると指摘した。


 中国軍元高官の羅宇氏は大紀元の取材に対して、党大会で最高指導部に留任できなかった王氏への待遇は来年3月の両会で決められると述べた。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below