Reuters logo
日本の対北朝鮮政策、朝鮮総連を破産に追い込む声=自民党会議で質問沸く
2017年11月10日 / 03:13 / 10日後

日本の対北朝鮮政策、朝鮮総連を破産に追い込む声=自民党会議で質問沸く


*12:02JST 日本の対北朝鮮政策、朝鮮総連を破産に追い込む声=自民党会議で質問沸く
 自民党本部で7日、北朝鮮による拉致問題対策本部会議が開かれた。質疑応答には、国交のない日本で北朝鮮公館の役割を担う朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)について「資金が北朝鮮に流れているのではないか、なぜ破産申し立てしないのか」との質問が飛び出した。党広報副部長がSNSで7日、伝えている。


 朝鮮総連には8月、債権の大半が支払われていないとして、利息を含む約910億円の全額を整理回収機構(RCC)へ全額返済するよう、東京地裁から判決が下っている。RCCは、破たんした北朝鮮系金融機関・朝銀信用組合の不良債権の約627億円を引き継いでいる。


 自民党広報副本部長の和田政宗参議院議員のブログ7日のエントリーによると、冒頭の質問に対して、会議に出席した金融庁関係者は「破産宣告となっても朝鮮総連に資産がないとみられる。実質的にRCCが朝鮮総連に対し、借金を棒引きすることになる」と答えた。


 和田議員は、朝鮮総連は本部ビルの家賃を払う資金があるはずで、「まず返済に充てさせるべき」と金融庁に質問したが、明確な答えはなかったという。参加議員からは相次いで「おかしい」との声が挙がった。


 和田議員によると、「金融庁より事実関係を調べ(朝鮮総連へ)回答を求めることになった」という。


 会議には、家族会の飯塚繁雄代表と横田早紀江さんが出席し、訪日した米トランプ大統領との面談について語った。加藤拉致問題担当大臣も政府の取り組みについて述べた。

日本単独の独自制裁として「朝鮮総連破産申し立て」の声




 米トランプ大統領の訪日中、日米両首脳からは北朝鮮に対する圧力強化がたびたび強調された。日米政府は大統領のアジア歴訪に合わせ、北朝鮮の金融機関を対象とした35の組織・個人の資産凍結の追加制裁措置を決定した。核・ミサイル開発の放棄を迫る日米が足並みをそろえて、北朝鮮への送金ルートを断つことを狙う。


 河野太郎外相も国際社会に対して、国交を結ぶ国に断交を呼び掛けた。9月、米国での講演会で「160カ国以上の国が世界の脅威である北朝鮮と国交を結んでいるという事実を信じられるだろうか」と語った。


 しかし日本政府の一連の制裁は、米国の決定に追随する傾向にあり、単独制裁とは言えない。北朝鮮の不正行為を告発している「アジア調査機構」加藤健代表は、「日本単独で実行可能な制裁は、朝鮮総連への破産申し立て」と、自身のSNSで主張する。


 加藤氏は9月、中国英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの取材に対して「彼らは(北朝鮮当局)日本の納税された資金を北朝鮮に送金し、ミサイルと核兵器を開発し、日本に向けている」と述べた。


 朝鮮総連について説く、金昌烈(キム・チャンヨル)氏の『朝鮮総聯の大罪 許されざる、その人びと』(宝島社,2002)には、「北朝鮮の弾道ミサイルや核兵器は日本から入ってきた金でつくられていると言ってよい」と指摘している。


 キム氏によると、90年代には預金総額2兆3750億円に及ぶ日本有数の信用組合に成長した「朝鮮銀行信用組合の人事権は、朝鮮総連にあった」と、暴露している。


 しかし、バブル崩壊で各地の朝銀が次々と経営破綻し、朝銀の北朝鮮への不正送金疑惑が明るみになった。


 北朝鮮問題に力を入れる安倍晋三首相は2015年2月、衆議院予算委員会で、90年代の朝銀信用組合の破綻について、逮捕者25人を出した組織の犯罪に起因すると答弁した。また「破綻を知りながら公的資金が入ることを前提に貸し出しを続ける不正融資」と指摘した。


 引用すると、首相は「朝銀信組の破綻は(略)投資の失敗だけではなく、いわば不正融資であり、北朝鮮に金が渡るということを前提に貸し手側と借り手側が一体となっていたことだ」と述べている。


 朝鮮総連は、「北朝鮮へ送金しているのではないか」との前出の加藤氏の投げかけについて、回答していない。代わりに、米朝平和維持管理センター(拠点・東京)の常任理事で、北朝鮮の非公認広報キム・ミョンチョル氏が、サウスチャイナモーニングポストの取材に応え、加藤氏の主張を否定した。


 「(加藤氏の指摘する)資金は北朝鮮当局や朝鮮総連に渡っていない。核やミサイル開発にも投じられていない」「朝鮮総連は北朝鮮に送金できないだろう。なぜなら組織の経営権は日本政府に握られている。回答義務は日本側にある」と同紙に答えた。キム氏は、故金正日氏と親交の深い人物とされる。

(文・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below