Reuters logo
【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆週末警戒は再燃するか◆
2017年11月12日 / 00:46 / 13日後

【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆週末警戒は再燃するか◆


*09:40JST 【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆週末警戒は再燃するか◆
〇北朝鮮軸に高値警戒の強弱探る〇

三連休は、数多くのイベントがあったが、全体として無難に乗り切ったようだ。英10年ぶり利上げ、パウエル次期FRB議長指名、米10月雇用統計、共和党減税案提示、米9月貿易統計などがあった。一瞬、グラつく場面もあったが、概ね、為替安定、株高基調維持となった。連休中は、イバンカ、トランプ来日報道が前面に出た。

大きな課題である北朝鮮問題は、日本との協議は問題なく、8日の韓国、9-10日の中国との協議で緊迫感が高まると考えられる。韓国はトランプ来韓日程に文句を言い、反トランプデモを行い、THAAD追加配備を行わない方針を示し、文大統領は戦争回避方針を表明した。言を左右する側面もあって、スッカリ信頼関係は揺らいでいる。トランプ大統領の言動次第で、緊迫感が一気に高まる可能性がある。中国は今のところ目立った方針は示していないが、通商問題や海洋進出問題などと絡め、米中対立が深刻化するリスクがある。具体的な想定はできないが、市場に失望感が出れば、高値警戒ムードに転化する恐れがある。

米雇用統計は26.1万人増、市場予想の31万人増を下回ったが、9月分が3.3万人減から1.8万人増に5.1万人分上方修正されており、予想の範囲内。失業率が0.1ポイント低下の4.1%、17年ぶりの低水準で、賃金は抑制されたが、12月利上げシナリオは変わらなかった。JPモルガンは来年利上げ予想を年3回から4回に引き上げた。前月比小幅赤字増となった9月貿易収支とともに、大型ハリケーン被害を乗り切り、順調な推移と受け止められる。高級モデルiPhoneXの出足好調で上げたアップル株が支えた。

ただ、週明け、ダドリーNY連銀総裁の早期退任意向が伝えられた。NY連銀総裁はFRBのNO3的存在で、イエレン議長、フィッシャー副議長とともに、3トップが一斉に交代することになる。不安心理を揺さ振らないと良いのだが。新たに、「パラダイスペーパー」(タックスヘイブンに関する新たな文書)が一斉に報じられた。ロス商務長官が大きな槍玉に挙がっており、新たな「ロシア疑惑」(ロス氏が実質的に出資する海運会社がプーチン大統領親族らが役員を務める企業との取引で巨額収入)と報じられている。

ソフトバンク株を注視したい。「パラダイスペーパー」で名前が出てきている上、米スプリントの合併失敗、サウジの混乱(反皇太子派と見られる勢力の一斉検挙。このなかに、ワリード王子が含まれ、米シティ、ツイッターなどの株式波及懸念)などの要素が重なっている。日経平均に影響力あるだけに、左右する要素だ。

他にも、WTI原油相場が55ドル/バレルの壁突破(2年4か月ぶり高値の55.64ドル)、米半導体大手ブロードコムがクアルコム買収検討(実現すれば10兆円超の規模)、米減税案の議会審議動向、日本企業第2四半期決算後半戦など展開材料が多い(方向感は定まらない)。

形の上では、日経平均22000~25000円ゾーンにシフトしてきているが、一本調子に上昇して行くと見るよりは、下値確認が必要との見方を取る。相場イメージとしては、1996年高値22666円を一旦上抜いた後の調整が望ましいが、背伸びし過ぎた場合の反動は大きくなる傾向がある(15年高値後の16年安値はブレグジットが重なり、想定を下回った)。現状では押し目は21500円前後と見るが、一段高の場合は20500円程度に替わる公算がある。次の一服場面(個別物色は継続)を注視したい。

以上


出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/11/6号)


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below