Reuters logo
PC事業を台湾ASUSに売却?東芝は否定、ASUS「ノーコメント」
November 17, 2017 / 6:39 AM / a month ago

PC事業を台湾ASUSに売却?東芝は否定、ASUS「ノーコメント」


*15:34JST PC事業を台湾ASUSに売却?東芝は否定、ASUS「ノーコメント」
 経営危機に陥っている東芝は、台湾電機大手の華碩電脳(エイスース、ASUS)との間で、赤字が続くパソコン事業をエイスースに売却することで交渉を進めていると、日本経済新聞と共同通信社が17日報道した。しかし、東芝側は売却案について否定した。また台湾メディアによると、エイスース側も「コメントを差し控える」としている。


 日本経済新聞などによると、現段階で東芝とエイスースは、パソコン事業売却の金額や契約決定の時期などの詳細をまだ決めていない。エイスース側関係者は、東芝のパソコン製品は米国および欧州市場で一定の市場シェアを持つため、傘下に収めることで相乗効果を上げたいとの見解を示した。同報道によると、中国大陸のパソコン大手聯想集団(レノボ)も、東芝のパソコン事業買収に興味を示している。


 しかし、東芝は17日、ウェブサイトに掲載したニュースリリースで、「パソコン事業の売却に関する方針を固めた事実はない」「個別企業と協議入りした事実もない」と、日本経済新聞などの報道を否定した。


 台湾経済情報サイト「鉅亨網」(17日付)によると、エイスースは買収案についてコメントを差し控えた。


 エイスースは2009年、パソコン事業の買収を東芝に打診していた。台湾メディアや経済界は、エイスースは8年ぶりの買収の行方を注目していた。


 東芝は14日、国内テレビ事業を128億円で中国家電大手の海信集団(ハイセンス)に売却したと発表したばかり。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below