Reuters logo
NYの視点:米強い住宅投資がQ4GDPの成長に貢献へ、来年は未知
November 21, 2017 / 10:42 PM / in 25 days

NYの視点:米強い住宅投資がQ4GDPの成長に貢献へ、来年は未知


*07:37JST NYの視点:米強い住宅投資がQ4GDPの成長に貢献へ、来年は未知
全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月中古住宅販売件数は前月比+2.0%の548万戸と、予想540万戸を小幅上回り、6月来で最高となった。全米で広範な回復が見られ、2つの大型ハリケーンを受けた混乱は落ち着きを取り戻しつつある。

指数の主要項目である初めての住宅購入は全体の32%を占めた。9月の29%から上昇。在庫月も3.9カ月と、9月の4.2カ月から減少した。供給は依然歴史的な基準を下回り不足気味である一方、強い労働市場が需要を支える。需給バランスから住宅価格は上昇を続け、中間価格は前年比5.5%上昇。

最近の新築、中古住宅販売の結果から居住不動産セクター投資は10−12月期の国内総生産(GDP)成長に大きく貢献すると見られる。市場エコノミストは10−12月期GDPで2.5%成長を予想している。そのうち、居住不動産セクター投資が40ベーシスポイント、GDPにプラスに寄与すると見ている。

2018年に向けて中古住宅販売の伸びの加速が予想されるものの、依然見通しは困難。供給不足が長期化すると見られるほか、住宅市場の拡大の鍵を握る初めての住宅購入の伸びも依然限定的となっている。また、トランプ政権が取り組んでいる税制改革案で、住宅ローン控除や州、地方税の控除の撤廃が盛り込まれていることも、今後の住宅市場の成長を抑制する要因になる可能性が懸念される。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below