Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】自民・あいさわ氏:平成30年以降 水田農業が大きく変わる
2017年11月22日 / 06:18 / 21日前

政治から読み解く【経済と日本株】自民・あいさわ氏:平成30年以降 水田農業が大きく変わる


*15:10JST 政治から読み解く【経済と日本株】自民・あいさわ氏:平成30年以降 水田農業が大きく変わる
自民・あいさわ氏は「平成30年以降 水田農業が大きく変わる。米の直接支払交付金(7500円/10a)が、廃止に。需要に応じた生産に取り組む生産者が適正に所得が確保出来るように。また、それを実現するための何らかの全国組織が必要だ。転作作物の中心に位置づけた飼料用米に積極的に取り組みたい。米輸出にも頑張ります。 」とツイート
(11/22)

米の直接支払交付金は平成22年度から導入されており、農業者の手取りになったことは間違いない。交付金廃止を決めた理由は、 高い関税により守られている米に交付金を交付することについて、他産業の従事者や他作物を生産する農業者の理解を得ることはできない、 交付金に依存することによって経営を発展させることができなくなる、農地流動化のペースを遅らせている、などが挙げられている。米の直接支払交付金は平成26年産米から単価を10a当たり7500円に削減されており、29年産まで4年間の経過措置が講じられている。今年度が最後になるが、交付金廃止が農業経営に与える影響は小さくない。経営を発展させることは難しい。事業法人による米作分野への新規参入も予想されるが、成功するのは豊富なノウハウと潤沢な資金力を有する一部の企業に限定される可能性が高い。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below