Reuters logo
コラム【アナリスト夜話】:『エヴェレストの悲劇』から学んだこと(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
November 22, 2017 / 5:03 AM / 22 days ago

コラム【アナリスト夜話】:『エヴェレストの悲劇』から学んだこと(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*13:55JST コラム【アナリスト夜話】:『エヴェレストの悲劇』から学んだこと(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
この週末は、2週連続のMBA講義の後半戦で、「Crisis(危機)」をテーマに学生の方々と多様な討議をさせていただきました。

ところが、そうした盛り上がりの最中に、板書すべき漢字が思い出せず、討議の流れを止めたことがありました。むろん、歳のせいでもあります。しかし、紙になら簡単に書けるので、ひょっとして、普段と違う板書という動作のせいなのでは、と思いました。黒板にチョークで大きく書くという動作では、紙にボールペン書きという普段の動作の“パターン認識”ができなくなり脳が戸惑ったという感じです。

逆に、普段のパターン認識の呪縛から離れられ、何となく新しい視点が開けた面もありました。なかでも、講義の題材に取り上げた「エヴェレスト登山」のケースは、金融市場とは異なる状況であるにも関わらず、市場への含意に富むものでした。

このケースは、1996年に日本人女性を含む5人の死者を出したという実際の出来事を題材にしたものです。天候が悪化し、リスクが高まるにつれ、心理的な混乱、不安の増幅が判断ミスを招き、悲劇が悲劇を呼ぶという”負の連鎖”が生じる模様が生々しく描かれています。

今週の株式市場も米税制改革の動向などを巡り、高いボラティリティが予想されます。しかし、心の動揺が判断を誤らせるというリスクを改めて肝に銘じ、情報を冷静に分析していきたいと思います。

マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那
(出所:11/22配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below