Reuters logo
中国戦闘機墜落でパイロット死亡 機体保護優先の掟か
November 24, 2017 / 2:57 AM / 23 days ago

中国戦闘機墜落でパイロット死亡 機体保護優先の掟か


*11:49JST 中国戦闘機墜落でパイロット死亡 機体保護優先の掟か
 中国空軍の主力戦闘機、殲11B(J-11戦闘機)1機は今月はじめ訓練中に墜落し、脱出が遅れたパイロットが死亡した。同空軍は緊急時の戦闘機保護を最優先事項に定めているとみられ、脱出遅れによる死亡例が多い。


 中国メディアの報道は、「30歳のパイロットは殲11Bを守るため、緊急脱出のタイミングを逃した」と伝えた。


 昨年一年間に公表された同様の訓練事故は3件で、2人が死亡1人が重体。一部の統計データによると、中国空軍の60数年間の歴史で、訓練中に亡くなったパイロットが2000人を超える。


 同空軍はパイロットに緊急時の脱出より戦闘機保護を促している可能性が浮上した。


 軍機関紙・解放軍報が昨年、操縦システムが故障した殲15を守り通そうとしたとして、パイロットを讃えた。昨年4月6日、脱出のタイミングが遅れてパラシュートが間に合わず地面に叩きつけられ、419日間入院した同パイロットは今年、第19回党大会の代表に選出されるという「最高の栄誉」を授けられた。


 中国空軍の試験飛行の専門家、空軍指揮学院の元訓練部副部長の李中華氏は中央電視台の報道番組で、「絶体絶命になるまで、全力で戦闘機を守り通す」という中国空軍の掟(おきて)を漏らした。


 いっぽう、こうした報道や宣伝について、「人命より戦闘機が大切か」といった批判の声もあがっている。

(翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below