Reuters logo
習近平氏への崇拝行為 中央政府が禁止令か
2017年11月24日 / 03:02 / 20日前

習近平氏への崇拝行為 中央政府が禁止令か


*11:51JST 習近平氏への崇拝行為 中央政府が禁止令か
 中国では最近、一部の地方当局が習近平国家主席への個人崇拝を煽っているが、中央政府がこうした崇拝行為を禁止する命令をくだしたもよう。


 10月下旬の第19回党大会で、習近平氏1強の政治体制が固められた。今月10日から、貴州省黔西県南州の共産党機関紙は連日、「偉大なる領袖(りょうしゅう・ある集団の中の主となる人物)の習近平総書記」と習氏を讃えて、現地の共産党機関や学校のほか、市民の自宅にまで習氏の肖像画を掲げるようになった。


 中国共産党の歴史上、「偉大なる領袖」と位置づけられたのは初代の最高指導者、故・毛沢東だけだった。


 中央の官製メディアが16日、習氏を国の「舵取り」「総設計師」などと称する記事を掲載。翌17日、南州当局は緊急通知をだして、習氏の偉大なる領袖の称号と肖像画の陳列を禁止した。同機関紙のホームページと電子版も訂正された。


 香港メディアは消息筋の情報として、現地政府の宣伝部門は内部会議で、今後「偉大なる領袖である習近平総書記」という表現をいっさい使わないこと、習氏の公式写真や肖像画をネットや公共の場でいっさい掲載してはならないと通達した、と報じた。


 中国国内の政治学者は、今回の出来事は恐らく「地方政府の行き過ぎた自発行為」だとして、(国民が敬遠する)毛沢東時代の個人崇拝を連想させるため、習近平指導部が介入したと推測した。

(翻訳編集・叶清)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below