Reuters logo
米税制改革に向けて進捗の有無が大きな焦点に、SMBC日興証券(花田浩菜)
November 27, 2017 / 2:43 AM / 20 days ago

米税制改革に向けて進捗の有無が大きな焦点に、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:38JST 米税制改革に向けて進捗の有無が大きな焦点に、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

11/27付けの「主要通貨デイリー」では、今週のドル円について考察していますのでご紹介します。

同レポートではまず、先週のドル円について、『先週のドル円はドル安円高が進行。米税制改革を巡る根強い不透明感のなか、来年の米利上げペースはかなり緩慢なものに留まるとの見方も相まってドル円は水準を切り下げ、23日には一時111.07円と、9月18日以来約2ヵ月ぶりのドル安水準まで売られる場面もあった』と伝えています。

続けて、今週にも上院での採決が見込まれる米税制改革案について、『複数の共和党議員が改革案に反対の意向を表明するなど、可決に向けては依然予断を許さない状況にある。共和党内の調整難航が伝えられるようだと、先行き不透明感からドル安円高に振れる展開も想定される』と注意を促しています。

また、米金融政策については、『今週はイエレンFRB(連邦準備制度理事会)議長やダドリーNY連銀総裁などFRB関係者の講演が相次ぐほか、28日には次期FRB議長に指名されたパウエルFRB理事の公聴会が予定されている。今後の金融政策の先行きを占う上で市場の注目を集めよう』と伝えています。

最後に今週はFRBが重視するインフレ指標である個人消費デフレーター(10月分)などの経済指標が発表されることに言及し、『足元のインフレ鈍化傾向が、来年の利上げペースに対する市場の懐疑的な見方をもたらしているだけに、結果次第ではドル円の大きな変動要因となりそうだ』とまとめています。

詳しくは11/27付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below