Reuters logo
NYの視点:パウエル次期FRB議長、イエレンFOMCの金融政策継続へ
November 29, 2017 / 12:16 AM / in 18 days

NYの視点:パウエル次期FRB議長、イエレンFOMCの金融政策継続へ


*09:14JST NYの視点:パウエル次期FRB議長、イエレンFOMCの金融政策継続へ
パウエル次期米FRB議長は、市場が注目していた(上院銀行委員会)承認公聴会で、12月の利上げの論拠が強まっているとの見解を示した。また、現状の強い成長が緩やかな利上げを正当化すると指摘。FRBは、金利が上昇し、バランスシートが縮小すると予想していると続けた。規制緩和に関する方針を除いて、パウエル次期FRB議長の見解は、イエレンFRB議長の見解とほぼ一致。

2018年にパウエル次期FRB議長が就任したあとの連邦公開市場委員会(FOMC)も、現在のイエレンFRB議長が率いるFOMCが実行している金融政策を継続する可能性が強い。このため、投資家・投機家は変動率も期待できないと見ている。

■パウエル次期FRB議長方針
*金利
12月の利上げの論拠が強まっているとしたほか、現状の強い成長が緩やかな利上げを正当化すると見ている。

*B/S
バランスシート(B/S)は縮小へ。縮小には3−4年かかるとの見解

*規制
金融規制に関しては、大方の予想通り、現行の金融規制は「十分に強い」と指摘。
ボルカールールの修正を支持する姿勢を確認した。

*財政
財政に関しては、イエレンFRB議長と同じく、持続的な軌道が必要だとし、現行の水準に懸念を表明。

*インフレ
2%のインフレ目標達成が重要であると強調し、低インフレが一時的であるかどうか、今後注意深く見守っていく方針を示した。

*雇用
いくつかの指標によると。米国経済が完全雇用の水準またはそれに近いことを示唆しているとした。失業率は4%を割りこむ可能性を指摘。

*国内総生産(GDP)
国内総生産(GDP)は2017年第2−4四半期3%成長、2018年には2-2.5%成長を予想している。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below