Reuters logo
レザ・ザラブ氏の裁判開始、結果次第ではトルコリラがさらに下落か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
December 5, 2017 / 12:05 AM / 11 days ago

レザ・ザラブ氏の裁判開始、結果次第ではトルコリラがさらに下落か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*09:03JST レザ・ザラブ氏の裁判開始、結果次第ではトルコリラがさらに下落か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

高金利で人気のあるトルコリラが下落傾向にあるのは皆様ご存知でしょうか?トルコの強権的なエルドアン大統領がイランへのマネーロンダリングに関与しているとの疑惑も重しとなっています。

レポートでは、『米国で逮捕されているレザ・ザラブ氏の裁判が本日から開始されます。レザ・ザラブ氏は、すでにエルドアン大統領のイランへのマネーロンダリング関与に対して自白しており、トルコの銀行やエルドアン大統領のマネーロンダリング関与について司法取引に持ち込むことが予想されます』と分析しています。

さらに、『今回の裁判でトルコの複数の銀行への制裁金が発生することになれば、トルコの銀行が外貨入手困難に陥り、トルコ経済が打撃を受ける可能性も高まります。そして、トルコ中銀が自国通貨防衛の為に利上げに動けば、鈍化しはじめているトルコ経済成長を更に悪化させる可能性も高まります』とも伝えています。

そして今後の値動きについては、『今回の裁判が進んで、トルコの複数の銀行がイランへのマネーロンダリングに関わったことが明らかとなれば、トルコリラが更に売り込まれることになりそうです。ここは、トルコリラに対して弱気な見方を継続するべきかもしれません』との見解となっております。

今回の裁判結果を見守るとともに、外貨資金に依存するトルコ経済がどうなるのか、トルコリラの値動きも注視してまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月4日付「トルコリラ」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below