Reuters logo
豪政策金利は据え置かれるも、小売売上高を好感し豪ドル上昇、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年12月6日 / 02:48 / 6日前

豪政策金利は据え置かれるも、小売売上高を好感し豪ドル上昇、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:43JST 豪政策金利は据え置かれるも、小売売上高を好感し豪ドル上昇、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

12/6付けの「主要通貨デイリー」では、5日に据え置きが決定された豪政策金利の影響について考察していますのでご紹介します。

同レポートではまず、『12月5日の金融政策会合で豪中銀は市場予想(Bloomberg調べ、以下同じ)通り政策金利を1.50%で据え置くことを決定した。決定後の声明文も11月会合の表現が概ね踏襲され、豪州経済は景気拡大が続くものの物価上昇圧力は依然として低いとの認識が改めて示された』と伝えています。

また、企業景況感の良好さと設備稼働率の上昇、非鉱業投資の更なる改善と公共投資の増加などから、豪中銀は「GDPが向こう数年にわたって年平均3%程度で成長する」と予想しているようです。一方で、豪中銀は賃金の伸びやインフレが低水準にあることも指摘しています。これを踏まえてレポートでは、『インフレ圧力の弱さから豪中銀に利上げを急ぐ姿勢はほとんどみられず、当分政策金利が据え置かれる見通しだ』と分析しています。

最後に、『この日は10月の小売売上高も発表され、前月比+0.5%と市場予想の+0.3%を上回った。過去3ヵ月の低迷(前月比▲0.6~+0.1%)から脱したことが好感され、豪長期金利が上昇、豪ドル円相場も発表直前の1豪ドル=85円台半ばから一時86円台前半に上昇した。声明文では賃金の低い伸びと債務水準の高さから家計消費見通しが引き続き先行き不透明要因であると指摘されていたことを考慮すると、10月の小売売上高は豪ドル高材料であったといえる』とまとめています。

詳しくは12/6付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below