Reuters logo
需要から見る金相場 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
December 7, 2017 / 5:00 AM / 9 days ago

需要から見る金相場 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*13:58JST 需要から見る金相場 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

5日のNY金の現物相場はドル高に伴う割高感から約2カ月ぶり安値となりましたね。その流れを引き継ぎ、6日の東京金は大幅続落して始まりました。金相場の弱含みが継続するのか気になるところです。そこで今回は金についてお伝えします。

まずレポートでは足元の金需要について、『ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が11月9日に発表した7~9月期の世界の金需要は、前年同期比9%減の915トンとなり、8年ぶりの低水準となりました』と伝えています。

加えて、『今年1年間の世界の金需要見通しを3900~4000トンとし、前年の4347トンを大きく下回ると共に、2009年以降で最低の金需要となる見通しとなりました』と年間でも大きく需要が減ると予想されているようです。

さらに、『こうした金現物需要の低迷を考えれば、これまでのNY金が1200ドル台後半を維持していたこと自体が「無理があった」と考えるべきかもしれません』との見解を伝えており、『欧米の株式市場が上昇基調を続けており、世界経済が比較的堅調な成長を続けていることを考えれば、金現物需要はしばらく低迷を続けそうです。「需給がすべてを優先する」という商品相場特有の格言もあり、しばらくは金相場に対して弱気な見方を継続するべきかもしれません』とまとめています。

金を保有されている方は注意が必要かもしれません。参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月6日付「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below