December 15, 2017 / 5:46 AM / 6 months ago

中国軍、中朝国境で宣誓式=韓国メディア


*14:38JST 中国軍、中朝国境で宣誓式=韓国メディア
 中国軍がこのほど、北朝鮮との国境地帯で宣誓式を行ったと、韓国メディアが13日に報じた。地元住民は、半島の有事に向けての準備と見ており、不安が高まっている。


 韓国ネットメディア「ディリーNK」は、情報筋の話として、北朝鮮両江道恵山市の対岸にある吉林省長白県で、中国軍の数百人の兵士が宣誓式に参加したと、報道した。


 情報筋によると、兵士は宣誓式で「死の覚悟で祖国を守っていくことを誓う」と宣誓した。同情報筋は宣誓式の写真を提供した。


 同報道は、朝鮮半島の情勢が緊迫する中、中朝国境で中国軍兵士が宣誓するのは異例だと指摘。またこの宣誓式は、北朝鮮当局が新型ミサイル発射実験を実施した11月29日からわずか2週間のタイミングだったことが非常に興味深いとした。


 デイリーNKによると9日、中国吉林省図們市の住民が、中国軍が中朝国境に向かって前進したのを目撃した。


 中国政府系メディア「吉林日報」は6日、核兵器の基礎知識や避難方法に関する記事を掲載した。


 また国内ネット上では、中国通信大手の中国移動通信集団(チャイナ・モバイル)吉林支社の内部文書が流出した。同文書によると、同社は有事に備えて建設される5つの北朝鮮難民キャンプで通信局を設置するという。


 国境地域の住民の間では、戦争が間もなく始まるのではないかと不安が高まっている。


 一方、ティラーソン米国務長官は12日、北朝鮮に対して「前提条件なしに協議する用意がある」と呼び掛けた。


 しかし、北朝鮮の国営朝鮮中央通信(13日付)によると、国内軍事工業大会に出席した金正恩朝鮮労働党委員長は12日、「北朝鮮が世界最強の核強国、軍事強国としてさらに前進、飛躍する」と述べたという。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below