December 15, 2017 / 5:46 AM / a month ago

中国の金融危機発生確率は他国の2倍=ドイツ銀行


*14:38JST 中国の金融危機発生確率は他国の2倍=ドイツ銀行
 欧州金融大手のドイツ銀行グループがこのほど発表した研究報告において、中国の金融危機の発生確率は、他の主要経済体と比べて2倍高いと指摘した。主因は、中国の債務急増だとした。


 米メディア・ビジネスインサイダー(11日付)によると、『中国のリスクはどれほど大きいか』を題とする同報告では、中国で金融危機発生の確率は13%との見方を示した。


 同報告によると、2008年以降、中国非金融部門である家計・企業・政府の債務水準の対国内総生産(GDP)比は100%以上に達した。13年に当局の大規模な金融緩和で、16年同債務水準は対GDP比で255%まで拡大した。


 ドイツ銀行は、中国当局が金融危機を回避するために、十分な経常収支を保証しなければならないと提言した。しかし、「16年中国の経常収支は対GDP比で2%の赤字だった」という。


 昨年末以降、国際通貨基金(IMF)や国際決済銀行(BIS)などの権威機関が相次いで、中国の債務急増に警鐘を鳴らしている。


 中国発の金融危機は、回復しつつある世界経済への最大の「時限爆弾」であるに違いない。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below