December 15, 2017 / 5:46 AM / 9 months ago

中国の駐米公使 対台武力侵攻を示唆、台湾側が抗議 


*14:38JST 中国の駐米公使 対台武力侵攻を示唆、台湾側が抗議 
 中国の李克新・駐米公使は8日、駐米大使館で開かれた講演で、台湾への武力進攻に言及した。これを受け、台湾政府は強く抗議し、中国当局の圧力に屈しない姿勢をあらためて示した。


 李公使は中国駐米高官のうち序列3位。同氏は、在米中国学者を対象に行った講演で、「米の軍艦が(台湾の)高雄に寄港した日は、わが人民軍が武力で台湾を統一する時である」と発言した。


 米国会はこのほど発表した『2018会計年度国防権限法(NDAA)』報告書で、米政府が米台の軍艦の相互寄港や台湾軍の米軍演習「レッドフラッグ」の参加などを再考すべきだと提言した。


 これに対して、中国当局が駐米公使を通じて強くけん制したとみられる。


 対中国大陸政策などを策定する台湾行政院大陸委員会報道官は9日、李公使の発言について、地域の平和を脅かし「無責任だ」「横行な態度」だと非難した。また、台湾政府として中国当局の圧力に屈することはないとあらためて強調した。


 台湾の蔡英文・総統も、中国当局からの脅威に対して、「強い自我防衛の決心」は常に持っていると述べた。


 一方、台湾学者の范世平氏は、米台間の軍事協力は中国当局の圧力によって変更することはなく、「中国当局が武力進攻をすれば、米台、そして日本3カ国の軍事同盟が発動されるだろう」と語った。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below