December 15, 2017 / 5:46 AM / 9 months ago

サンフランシスコ市の中国系市長が急死=市発表


*14:39JST サンフランシスコ市の中国系市長が急死=市発表
サンフランシスコ市は公式に、同市初のアジア市長だったエドウィン・M・リー氏(65歳)が急死したと現地時間12日、発表した。死因は説明されていない。

現地紙サンフランシスコ・クロニクルによると、リー氏はザッカ—バーグ・サンフランシスコ・ジェネラル病院で同日午前1時ごろ、家族や娘2人、友人に看取られて息を引き取ったという。

リー氏は2011年、中国系移民が5分の1を占める人口85万人のサンフランシスコ市の第43代市長に選出された。2015年に再選した。

リー氏は1952年、米国に移民した中国人の両親の間に生まれた。6人兄弟の4番目で、公営住宅で育ったという。カリフォルニア大学バークレー校のロースクールで法学を学んだ。

弁護士だったリー氏は、市の人権委員会委員長も歴任した。公営住宅が不衛生で安全性に欠如していると主張する住民の代理人としてサンフランシスコ市を訴えたこともある。

市の発表によれば、ロンドン・ブリード市議会議長が臨時市長に就任する。

(翻訳編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below