December 19, 2017 / 4:32 AM / 9 months ago

2018年はクルマが変わる、SMBC日興証券(花田浩菜)


*13:27JST 2018年はクルマが変わる、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

今年も残すところあとわずかとなりました。先回りで来年に向けた物色に動く投資家の方々も多いのでは。さて、12/19付の「Daily Outlook」では、2018年の注目テーマについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『自動車業界では環境規制や安全性強化への取り組みが進んでいる。関連企業が注力している技術として、まず自動運転が挙げられよう。自動運転には、渋滞の解消・緩和、交通事故の削減、環境負荷の軽減、高齢者などの移動支援、運転の快適性の向上、国際競争力の強化などの効果が期待されている』と伝えています。

続けて、自動運転が普及すると、『「走る」「曲がる」「止まる」を電気的に制御するための駆動装置の電化(モーター化)、人間の視覚を代替するセンサー(カメラやミリ波)の搭載率上昇、車体を制御する ECU(電子制御ユニット、自動車の頭脳にあたる)とソフトウェアの重要性が高まる。さらに完全自動運転を視野に入れると、人工知能、3D マップなどの技術が求められることになる』と分析しています。

さらに、『自動車の最先端分野は高い安全性が必要とされ、対応できる企業は限られる。主な関連企業として、車載用モーターやADAS(先進運転支援システム)センサーなどを手掛ける日本電産、モーターや電力制御機器などの既存製品に加えてADASビジネスが開花期を迎えるデンソー、自動車向け半導体の成長期待からロームなどが挙げられる』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な次世代自動車関連銘柄』を紹介しています。具体的には旭化成3407やパナソニック6752、ソニー6758など全10銘柄が挙げられていますので、詳しくは12/19付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below