December 19, 2017 / 10:48 PM / a year ago

NYの視点:米国債、本格的弱気相場入りか


*07:38JST NYの視点:米国債、本格的弱気相場入りか
昨年の大統領選挙でトランプ大統領勝利後、米国債は下落基調にある。ベンチマークとなる10年債利回りは昨年の9月1.55%から本年3月に2.6%まで上昇した。しかし、その後、失速。利回りは2.0%割れ寸前まで低下した。トランプ大統領が選挙中から掲げてきたアジェンダの進行がロシアゲートの疑惑などで抑制され、骨組みのひとつとなる医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃、代替案の成立が失敗したことなどが背景にある。トランプ大統領就任後現在まで、トランプ政権による主なアジェンダの達成はない。

ここにきて、ようやく、トランプ政権は公約どおり年内の税制改革法案を成立させるめどがたった。今後10年間で1.5超ドル規模にのぼる米国史上最大の減税と言われている。米10年債利回りは再び上昇に転じ、2.45%まで上昇。新債券王といわれるダブルライン・キャピタルの共同創業者ガンドラック氏は、直近の投資家向け説明会で、米国10年債利回りが2.4%を完全に突破した場合、米国債券相場は弱気相場に本格的に入ると指摘していた。景気後退を示唆すると見られている利回り曲線の平坦化も改善が見られる。
利回りの上昇にともない、ドルも再び上昇基調に入る可能性がある。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below