December 20, 2017 / 9:34 AM / 6 months ago

コラム【アナリスト夜話】:日本人は保守的か?生来のギャンブラーか?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*18:29JST コラム【アナリスト夜話】:日本人は保守的か?生来のギャンブラーか?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
最近、海外のニュースで「ビットコイン市場の主役は“ミスター・ワタナベ”」という報道をよく耳にします。

90年代以降、FXの投資家として名を馳せたのは「ミセス・ワタナベ」。これに対し、今回は、日本人男性の投資家比率が高いということで、「ミスター・ワタナベ」が話題の中心です。10日の米オプション市場CBOEに続き、本日から先物取引所CMEでビットコイン先物が上場します。これにより、今後は機関投資家も増加すると思われますが、現状では円による投資がビットコイン取引の41%を占め世界一となっています(JPBitcoin.com、11月)。

これはなぜなのでしょうか。可能性の一つとして挙げられるのが、日本人の「同調意識」の強さです。日本の仮想通貨ブームは、もしかすると、金融庁が世界に先駆け仮想通貨の法的定義を規定したため、その報道を目にする機会が多かったことや、更に、「あの人も仮想通貨取引に参入したらしい」という情報に多くの人々が同調したことが影響しているのかもしれません。

一方、金融庁や日銀は、日本人が貯金以外のリスクをとるよう、「貯蓄から投資・資産形成へ」というスローガンを提唱しています。確かに、以前にも記した通り、日本人は、神経質で不安感が強いとされる「S遺伝子」を持つ割合が98%と世界一多い国民です。これに対し、米国人でS遺伝子を持つ割合は68%、アフリカ人だとわずか3割です。

だとすると、むしろ価格が暴落した場合が問題です。不安感が生まれやすい上、他者に同調しやすい傾向があるためです。あの90年代初頭の土地バブルに見られたように、バブル崩壊時には、資金の逃げ足が極めて早い可能性があります。

かくいう私も、臆病者ながら、勉強のためにとビットコインに投資をしています。公私共に、日々ハラハラしながら、仮想通貨市場の動きを見守って行きたいと思います。

マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那
(出所:12/18配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below