Reuters logo
仏伝統銘菓、中国で商標権侵害請求認められる
December 25, 2017 / 1:07 AM / in 23 days

仏伝統銘菓、中国で商標権侵害請求認められる


*09:59JST 仏伝統銘菓、中国で商標権侵害請求認められる
 フランスの伝統銘菓、カリソン・デクス(Calissond’Aix)のメーカー連合会が同商品の商標権を侵害したとして、中国商標局に対して、中国人実業家の商標登録の抹消を請求した。同局は13日、フランス側の主張を認める判定を下した。


 浙江省の企業家・葉春林氏は自社製菓子にKalisongの商標登録を申請し、昨年8月、2026年まで有効の商標権を得た。


 Kalisongは文字通り、発音がCalissond’Aixに近いうえ、商品の外観も酷似している。Calissond’Aixのメーカー連合会(UFCA)は仏国内12社を代表して、数カ月前に中国商標局にKalisongの商標登録の取り消しを請求した。


 中国商標局は13日、「Calissond’Aixはフランスの(文化)遺産の一種で、先使用権が認められる」「(葉氏の)Kalisongは、Calissond’Aixと明確な違いがないため、消費者が原産地を誤解する可能性が高い」として、フランス側の請求を全面的に認めた。


 カリソン・デクスは140年の歴史をもつフランスのプロヴァンス地方の伝統銘菓。アーモンドとメロン、オレンジピールなどのフルーツの砂糖漬けをペースト状に練り混ぜて作られた楕円状キャンディの表面には、卵白と砂糖で純白のアイシングが施される。


 今回の出来事をきっかけに、中国で商標権を登録するフランス企業が増えている。チーズのコンテ、ブルーチーズのロックフォール、生ハムのプロシュット・ディ・パルマのほか、45種類のボトルワインなどが中国で商標登録した。

(翻訳編集・叶清)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below