December 25, 2017 / 1:07 AM / a month ago

11月訪日外客数 過去最高237万8千人に


*09:59JST 11月訪日外客数 過去最高237万8千人に
 海外から日本を訪れる観光客の数が、11月として、過去最高を記録した。


 日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2017年11月の訪日外客数は、前年同月比26.8%増の237万8千人で2016年11月の187万5千人を50万人以上上回った。1月からの累計は、2016年の年計(2,404万人)を超え、2,616万9千人となった。




 特に韓国からの訪問客は増加しており、前年同月比45.8%増の622,600人で、11月として過去最高を記録。格安航空会社(LCC)を中心とした新規就航や増便に加え、SNSを活用したキャンペーンイベントなど、継続的な訪日旅行プロモーションの効果も後押しとなったようだ。


 次いで、中国の前年同月比31.0%増の567,100人、台湾は、前年同月比20.8%増の363,200人と続く。インドを除く19市場が11月として過去最高を記録した。


 1月からの累計の観光客数から見ると、中国(679万2千人)、台湾(424万5千人)、フィリピン(37万6千人)、インド(12万6千人)、米国(125万9千人)、カナダ(27万9千人)、ドイツ(18万4千人)、スペイン(9万4千人)の8市場が11月に昨年の年計を超え、過去最高を更新している。


 前年同月比伸び率としては、査証緩和の影響が続くロシアの伸びが引き続き好調で56.5%、次いで韓国(45.8%)その他、東南アジアからの訪問客も、ベトナムの37.4%をはじめとして、フィリピン(35.3%)、インドネシア(30.4%)と伸びが著しい。


 好調の要因として、多くの国々で、航空路線の新規就航や増便、クルーズ船寄港数の増加などがみられ、紅葉シーズンの到来も、各市場で実施した訪日旅行プロモーションの効果と相まって訪日意欲を喚起し、訪日外客数全体としては堅調に推移したようだ。


 政府は東京五輪・パラリンピックを迎える2020年に年間4000万人を目標にしている。

(大道修)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below