December 25, 2017 / 6:47 AM / 9 months ago

南ア与党の党首選でラマポーザ副大統領が勝利も、南アランド買いは時期尚早か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*15:40JST 南ア与党の党首選でラマポーザ副大統領が勝利も、南アランド買いは時期尚早か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
南アランド・円が大きく動いていますね。そこで今回は南アランドについてのレポートをご紹介します。

まずレポートでは、『南ア与党のアフリカ民族会議(ANC)の党首選が18日に開催され、ズマ大統領の元妻であるドラミ二・ズマ氏を僅差で制してラマポーザ副大統領が勝利しました。それを受けて南アランド・円が急上昇して一時9.05円まで上昇しました』と伝えています。

続けて南アランド・円の上昇の背景については、『党首選でラマポーザ副大統領が勝利したことにより、ラマポーザ副大統領が次期大統領となる可能性が高まり、南ア経済改革が進むとの観測から、南アランド買いが加速しました』と詳しく分析しています。

しかし南アランドが買い場なのかというと松永さんはそれを疑問視しているようです。レポートでは、『ラマポーザ副大統領が大統領に就任するとしても1年半も先の事ですから、現時点から南アランドを買うのは早すぎるのかもしれません』との見解を示しています。

そして、『来年の総選挙に向けてラマポーザ副大統領派とラミ二・ズマ氏派との対立が激化することも予想され、与党内での対立で国会が空転することも考えられます』とし国会運営に支障が出る可能性に着目し、『ズマ大統領の任期が1年半も残っているのですから、今回の党首選の結果を素直に喜ぶことは時期早々かもしれません』と述べています。

また、テクニカル的には『南アランド・円がダブルトップを形成する可能性が高まってきただけに、南アランドに対して弱気な見方も一考ではないでしょうか』と分析しています。

南アランドの値動きとともに南アフリカの動向は引き続き注視する必要がありそうです。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月20日付「南アランド」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below