December 26, 2017 / 1:08 AM / 6 months ago

12月は、東証マザーズ指数の買い場?~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)


*10:00JST 12月は、東証マザーズ指数の買い場?~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラント証券のコラムで「出遅れ感のあるマザーズ指数」について興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

マザーズ指数は6月につけた年初来高値をうかがう動きが続いていますが、今後の展開はどうなのでしょうか?同コラムによると『ここ数カ月間、日経平均株価は史上最長の16連騰するなど、急速に上昇したのに対して、東京マザーズ指数が出遅れています。今回の上昇の最大の買い手は、外国人投資家だったので、流動性の高い大型株が選好されたのが要因だったようです』としていますが、直近では売買動向に変化が生じてきているようです。

外国人投資家の動きとしては、『年度末となり、またクリスマス休暇もあるため、今後は活発的な買いは期待出来ません』とコラムでは伝えており、海外市場が軒並み休場となった25日の東証1部の売買高は今年最低の10億5644万株でした。外国人投資家の買いが期待できないとなると、中・小型株に注目が集まりそうですが、その注目は、『12月新規上場の22銘柄』に集まっていたようです。

『12月の中旬までは、新規公開のブックビルディングの申込のため多額の資金が拘束』されていたようですが、『年明けの1月は非常に新規公開が少ないこと』が毎年多いです。そのため、『1月は中・小型の材料銘柄に投資家の資金が集中』しやすいと同コラムでは述べています。そこで、東証マザーズ指数に注目してみるのも投資戦略と言えそうです。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の12月11日付のコラム「12月は、東証マザーズ指数の買い場?」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below