December 26, 2017 / 6:49 AM / 6 months ago

メキシコの政界スキャンダル、米国の税制改革がメキシコペソに逆風か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*15:39JST メキシコの政界スキャンダル、米国の税制改革がメキシコペソに逆風か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。メキシコペソが下落していますね。対ドルで約10カ月ぶりの安値圏に突入しています。そこで今日はメキシコの通貨、ペソについてのレポートを紹介します。

12月25日のレポートでは『メキシコペソ・円が5.7円台を割り込み、10カ月ぶりの安値まで下落しました。それにより2カ月ほど続いたボックス圏相場から「下放れ」となりました』とし、その背景について、『メキシコの政界スキャンダルに加えて、米国の税制改革がメキシコへの投資に悪影響を及ぼすとの観測が高まってきました』と伝えています。

財務公債省から与党である制度的革命党に選挙資金が回っていたと伝えられていますが、『制度的革命党(PRI)元幹部が逮捕されるなど与党内での政界スキャンダルが続いており、メキシコ大統領選に対する現在の世論調査では、左派の野党候補であるオブラドール氏有利となっております』と分析しています。

また米国の税制改革法案が可決したこともペソ安につながっているとのことで、『メキシコの法人税が30%ですから、法人税の高いメキシコへの投資が減少し、法人税の安い米国への投資が拡大するとの見方が高まってきました』との見解を示しています。

メキシコペソは高金利の魅力もあって個人投資家にも人気の通貨ですが、松永さんのレポートによると先行き不透明と言わざるを得ないように感じました。ポジションを持たれている方、また検討されている方は参考にしてみてくださいね。

フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」は今回が今年最後のレポートとなります。今年もご愛読ありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いします!良いお年を!

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月25日付「メキシコペソ」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below