December 28, 2017 / 10:08 PM / 21 days ago

個人投資家R:2017年を振り返っての総括【FISCOソーシャルレポーター】


*07:00JST 個人投資家R:2017年を振り返っての総括【FISCOソーシャルレポーター】
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家R氏(ブログ「デイトレードで毎日を給料日にしよう♪」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年12月11日18時に執筆

こんにちは。今回は2017年を振り返っての記事になります。

あくまでこのレポートは勝てずに苦しい思いをしている人向けに作成しております。ご了承下さい。


■2017年の相場

2017年といえば、まずなんといっても日経平均の高騰です。トランプ大統領の就任があり、前半は北朝鮮リスクも毎週のように騒がれ、暴落してもおかしくない環境が続きました。

ことあるごとに少しの反応を見せ、もうダメか、もうダメかと思わせる瞬間が何度もあったことと思います。特に新興市場、マザーズ指数は大打撃となる日も多く、小型株を売買している人にとってはつらい日々が続きました。

しかし、大型株を中心とした日経平均採用銘柄は踏まれても踏まれてもそれ以上に強く切り返すこととなり、気付けば北朝鮮のニュースにも下落方面では反応しなくなっていました。

■日経平均2万円は通過点

日経平均が2万円を超えたあたりでの有識者の見解は、2万1000円あたりをメドに天井を打つというものが多かったと記憶しています。

しかしまったく衰えることなく2万3000円も突破する展開となりました。私は2010年に空売りの怖さを経験していますが、安易に空売りするととんでもないことになるのだということを再認識させられました。

■新興市場はパッとせず

これだけ日経平均の高騰に沸いた2017年相場ですが、個人が多く参入している小型株、新興市場はパッとしない日々が多かったように思います。

もちろん、サイバーステップ3810のように20倍にもなった銘柄もあるわけですが、多くの銘柄は前半に高騰し、後半はただただ下がるという展開でした。

日経平均採用の大型株に資金が流れた影響もあると思いますが、今年はもっと大きく扱うべきニュースがあったはずです。そして個人の資金はそちらへも大きく流れたと個人的には考えています。

■ビットコイン・仮想通貨への流入

私はデイトレードをしていた5月に何気なく投資関連のニュースを見てビットコインの高騰を知りました。それまでは、テーマ株などの大きなニュースは「自分には関係ない」と言い聞かせ、リスクを取ろうとしませんでした。

リスクを最小限にすることで、リターン幅は少なくとも安定して勝ち続けることができると知っていたからです。実際にその時も仮想通貨取引所で口座を開設するも、積極的な売買は控えるようにしていました。

しかし、どんどん値上がりする仮想通貨に、日に日にニュースの声も大きくなっていきました。元々8月のお盆あたりは相場が閑散としますが、お盆が終われば活気も戻ります。今年はお盆が終わっても新興市場に活気は戻りませんでした。

仮想通貨のニュースが大きくなるのに反比例するかのように、新興市場から出来高が消えていったように思います。

その後、新興市場も活気を取り戻しましたが、やはり個人が多い市場と言われているだけに、仮想通貨に流れた人の影響を受けなかったとは言えないのだと思います。

■仮想通貨のお勉強

新興市場に活気がなくなった8~9月は私個人としてもかなり成績を落としてしまい、不安になっていました。今まではリスキーなものを避けてきましたが、時代の流れに逆らってはいけないと思い、仮想通貨も勉強しました。

ICO、ビットコイン、アルトコイン、トークン…難しい言葉だらけでした。本当に寝る間も惜しんで常に勉強していたように思います。いつ以来の努力だったでしょうか。

いつも何かが話題になっても横目で見ているだけでしたが、今回はついに舞台に立つことができ、興奮しました。その後、新興市場に活気が戻るとともに個人的な成績も戻すことができました。

それと同時に仮想通貨でも満足のいくトレードができるようになりました。ICOと呼ばれる資金調達にも複数回参加し、利益が出せました。何事も必死になって勉強することで活路を見いだせるものだと感じました。

勇気を出して踏み出しても、必ず報われる世界でないことは重々承知していますが、その一歩がなければ100%成功はありません。しかし、その一歩があれば成功への扉が開くかも知れない。今回のことで私自身それを学びました。

■2017年のまとめ

日経平均、仮想通貨の2つに関しては飛躍の年となったことでしょう。しかし私個人のデイトレ成績で言えば例年どおりでしたし、新興市場も後半はイマイチでした。

2018年は是非、新興市場が主導して個人投資家の喜ぶ相場になってほしいと思います。
仮想通貨方面の勉強も引き続き行い、株式投資のデイトレ、仮想通貨のデイトレと、流行りの二刀流でいけるように努力したいと思います。


いかがだったでしょうか。2016年12月にフィスコソシャルレポーターとして初めての記事を投稿させて頂き、2017年にはかなりたくさんの記事を書かせて頂きました。

2018年も引き続き執筆させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

私が執筆中の個人ブログについてお知らせします。

「デイトレ」と検索…デイトレで勝てない人のためのブログ
「仮想通貨 わからない人」と検索…仮想通貨がわからない人のためのブログ
「デイトレードで毎日を給料日 引っ越し」と検索…トレード日記ブログ

それぞれのタイトルに合った記事を日々書いてお届けしていますので、良かったら是非遊びに来て下さい。2017年、たくさんの方からお言葉もいただき、本当に良い1年だったと感謝申し上げます。

2018年が皆様にとって、私にとっても(笑)良き年になりますよう願っております。

あくまで私個人が勝てるようになった経緯に基づいた個人的な意見になります。参考になるという方もいれば、参考にならない方もいらっしゃると思います。

どんな人にも面白いと思ってもらえるような記事作りに励んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

----

執筆者名:R
ブログ名:デイトレードで毎日を給料日にしよう♪




《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below