January 3, 2018 / 10:43 PM / a year ago

NYの視点:英国がTPPへの参加を検討、米国はどう出るのか?


*07:38JST NYの視点:英国がTPPへの参加を検討、米国はどう出るのか?
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道によると、英国は環太平洋連携協定(TPP)への参加に関心を寄せているようだ。欧州連合(EU)離脱後のことになるが、この報道が事実に基づくものなら、英国は輸出促進に大変前向きであると考えられる。TPP参加国は環太平洋地域の国に限定されているわけではなく、FTによると、英政府関係者は「地理的な制約はない」との見方を示しているようだ。

英国はEUの規定により、2019年3月のEU離脱前に新たな貿易協定で合意することはできないが、2019年3月までの合意形成が禁じられていても、交渉することは可能であるとみられる。英国がTPP参加を本当に目指すかどうかは、断定はできないが、英国の行動は米国の通商行動にも影響を与える可能性がある。米国はTPPには不参加の立場だが、二国間の自由貿易協定の早期締結を本気で目論んでいる。英国の行動が米国(トランプ政権)を刺激した場合、為替相場に何らかの影響が及ぶことは避けられないかもしれない。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below