January 19, 2018 / 6:42 AM / a month ago

中国大連万達、英ロンドンの不動産を90億円で売却へ 資金調達のためか


*15:35JST 中国大連万達、英ロンドンの不動産を90億円で売却へ 資金調達のためか
 中国人富豪の王健林氏が率いる複合大手の大連万達集団(以下、大連万達)は今週、英ロンドンにある不動産プロジェクトの権益60%を国内不動産企業に売却した。同社にとって初めての海外資産売却となった。中国当局が昨年、民営大手企業の海外投資に融資規制を強化したため、同社が資金調達難に直面した。


 同社傘下企業、香港上場の万達酒店発展有限公司が16日、同事業売却について声明を発表した。声明によると、同社は英ロンドン市内にある「万達・ロンドンONE(OneNineElms)」の権益60%を、3560万ポンド(約54億4680万円)で売却すると決定した。また、「買収側は今後、万達・ロンドンONEの約1億5900万ポンド(約244億8600万円)の債務を負担すると承認した」とした。


 中国メディア「澎湃新聞」によると、中堅不動産会社企業の富力地産が同プロジェクトを買収した。富力地産は同買収案についてコメントを控えたという。


 また同声明では、ロンドン不動産プロジェクトの残りの40%権益を持つグループ会社、万達商業地産(香港)は同様に売却計画を進めているとした。


 「澎湃新聞」によると、「万達・ロンドンONE」全体の売却額が5900万ポンド(約90億8600万円)に達する。


 大連万達によると、万達・ロンドンONE事業は同社初の海外投資プロジェクトだ。2013年にロンドン市テムズ川に面した土地を購入し、高級マンション、5つ星の高級ホテル、オフィスや小売りショップなど商業施設が入るツインタワーを建てた。総投資規模10億ポンド(約1540億円)。


あわせて読む:万達トップも対象か 習近平政権、政商に反腐敗のメス


 昨年、富力地産は約190億元(約3230億円)規模で、大連万達傘下73軒のホテルを買収した。大連万達はこの資金を、借入金の返済に充てた。


 中国当局が昨年6月、大連万達などの大手企業に対して海外投資規制を強化し、金融機関に融資中止を指示した。それ以降、大連万達の海外事業売却に関する報道が多くなった。


 国内メディア「騰訊財経」は昨年11月20日、大連万達の幹部の話として、借入金や債務の返済と、海外事業の今後の発展のために資金が必要で、同社が海外資産売却を急進していると報道した。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below