January 19, 2018 / 6:42 AM / a month ago

中国のマリオット傘下ホテル、法輪功迫害暴露の書籍が陳列


*15:35JST 中国のマリオット傘下ホテル、法輪功迫害暴露の書籍が陳列
 中国河北省にある米ホテルチェーン大手、マリオット・インターナショナル(以下、マリオット)傘下のホテルでこのほど、気功集団・法輪功愛好者をターゲットとする臓器狩りを告発する書籍が陳列されていたことが報じられた。中国当局は先週、マリオットが顧客向けのアンケート調査で、チベット・台湾などを「国」扱いしたとして処分を行ったばかり。ブルームバーグが16日伝えた。


 同報道によると14日、河北省張家口市にあるエレメント崇礼ホテルのラウンジの本棚に『BloodyHarvest:theKillingofFalunGongforTheirOrgans(邦訳:戦慄の臓器狩り)」数冊が、他の英語雑誌と一緒に並べられていたという。このスキーリゾートホテルは、北京から車で3時間の距離に位置し、2022年の北京冬季オリンピックのために建てられた。


 同ホテルはインテリアの一部として、書籍を購入することがあるという。現時点では、『戦慄の臓器狩り』がラウンジ内に並べられた経緯は不明。


 法輪功愛好者を対象とする臓器狩りの実態を記述した『戦慄の臓器狩り』は2009年に出版された。著者は、カナダ元政府高官のデービット・キルガー氏と人権弁護士のデービット・マタス氏。両氏は同著書で、当局の政府機関と一部の病院が結託し、法輪功愛好者から臓器を強制摘出した後、高値で国内外の患者に移植し、暴利を貪っていると告発した。


 米国政府は過去、法輪功愛好者が当局から受けた迫害の証拠として、この本の内容を採用したことがある。


 法輪功は、李洪志氏が1992年中国吉林省で初めて公にした佛家修煉法。中国当局が1999年前に行った調査によると、当時国内の愛好者が7000万人から1億人に達したという。しかし、愛好者の人数が共産党員を上回ったことで、江沢民・元総書記が共産党政権を揺るがす不安要因として、1999年に法輪功への鎮圧を始めた。


 それ以降、中国国内の愛好者が、当局から洗脳教育、労働改造、拷問、虐殺などの迫害を受けているという報告が相次いだ。2006年、米国に亡命した中国人女性アニーさんは医師の元夫が臓器狩りに関わっていたと告発し、事件は初めて明るみに出た。


 一方、ブルームバーグによると、エレメント崇礼ホテルはすでに『戦慄の臓器狩り』を撤去し、公安当局に報告した。


 中国当局は近年、外資企業への思想統制を強めている。当局はネット検閲強化を図る「インターネット安全法」を実施したほかに、外資企業に対して共産党支部の設立を要求している。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below