January 19, 2018 / 6:42 AM / a month ago

長時間労働、素手で有毒品…中国iPhone工場に米人権団体が潜入調査


*15:35JST 長時間労働、素手で有毒品…中国iPhone工場に米人権団体が潜入調査
 米Apple社の主力製品iPhoneの中国製造工場で、労働環境の劣悪さがたびたび報道された。このほど、iPhoneのフレーム製造を請け負う中国江蘇省宿遷市にある工場で、従業員が長時間労働を強いられているほか、有毒化学物質による健康被害の可能性も伝えられた。


 米ニューヨークに拠点を置く労働者人権擁護団体「チャイナ・レーバー・ウォッチ(CLW)」が調査を行った。16日、CLWと英紙「ガーディアン」が共同で調査報告を発表した。CLWのスタッフが宿遷市にある台湾可成科技公司(キャッチャー・テクノロジー)の工場に潜入調査を行った。同工場はおもにiPhone8の金属製ケースを生産している。


 潜入したCLWのスタッフが提出した報告では、従業員の賃金水準は低く、残業時間が法定時間の約2倍になっていると示された。工場の汚染水処理について「重大な問題がある」とした。また、有毒化学製品を扱う同工場では、従業員に支給される手袋が常に不足しているという。


 同調査によると、昨年同工場では、有害物質硫黄とリンの漏えい事故が発生し、90人の労働者が病院に搬送された。


 「ガーディアン」の報道によると、工場に潜入したCLWのスタッフは報告で、「労働者はiPhone8の金属フレームの組み立てと分解を何時間もやり続けていた。中には、早朝の1時20分から5時50分までの約4時間半、立ちっぱなしで組み立てに従事し、休む時間は全くなかった」と証言した。


 この調査スタッフは工場で働いて1カ月後、体の不調を感じ始めたという。


 また、ブルームバーグ(17日付)が同工場の従業員への取材で、CLWの調査報告を裏付ける情報を入手した。


 報道によると、労働者らは1日最大10時間立って生産作業を続けた。手袋やマスクをつけないまま、労働者らは有害化学物質を扱っている。


 さらに、ブルームバーグは、工場内の騒音や舞い上がる金属微粒子への対策も欠け、従業員寮のトイレ・浴室などの設備も足りていないと指摘した。


 一方、Apple社は、CLWからの報告書の発表を受け、同工場に調査チームを派遣し150人の従業員に対面調査を行った。同社広報担当者は、自社基準に違反した証拠は得られなかったと述べた。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below