January 19, 2018 / 6:42 AM / 6 months ago

米グーグル、中国でGoogleマップ再開を否定 そもそも閉鎖していない?


*15:35JST 米グーグル、中国でGoogleマップ再開を否定 そもそも閉鎖していない?
 一部メディアは、Googleマップは中国でサービスが再開されたと報じた。これに対して、米グーグル社は16日、中国での地図サービスには「変更はない」とし、Googleマップの提供を再開したとの報道を否定した。ロイター通信などが報じた。


 16日付の日本経済新聞によると、グーグルは中国で約8年ぶりに中国専用のグーグルマップのサイトを開設し、iPhoneユーザー向けの地図アプリを提供し始めた。中国の阿里巴巴集団(AlibabaGroup)傘下の高徳地図(Autonavi)とも業務提携しているという。


 高徳地図は中国メディア・澎湃新聞の取材に応じ、「政府の関連政策に従い、当社はGoogleマップとさらなる提携は計画していない」と述べた。


 中国のポータルサイト大手「網易」(ネットイース)は、グーグル社の内部情報筋の話を引用し、中国ではGoogleマップのウェブ版はずっと利用可能な状態にあるが、地図データの更新は行われていないと伝えた。


 網易が確認したところ、16日の時点では、ditu.google.cn(現地サーバー)とgoogle.cn/maps/(米国サーバー)という2つのGoogleマップ中国版サイトはアクセスできる状態になっている。しかし、データは最新のものではないものの、2010年グーグルが中国から撤退した当時のデータでもない。2014年12月に開通した北京市の地下鉄7号線が表示されている。


 米グーグルが2010年、中国では検索サービスの自主検閲を撤廃し、中国本土からの撤退を発表した。中国当局は2014年5月末、Google検索やGmailなどグーグルの中国におけるサービスを全面遮断した。



(翻訳編集・王君宜)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below