January 24, 2018 / 12:16 AM / a month ago

コラム【新潮流2.0】:ビットコイン・バブルの本質(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:13JST コラム【新潮流2.0】:ビットコイン・バブルの本質(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆ビットコインをはじめ仮想通貨の急落が話題になっている。僕はストラテジーレポートで、ビットコインの急騰を「投機の極み」と述べ、ビットコイン・バブルはバブルの定義からして弾けるのが必定、暴落するだろうと断じた。そのレポートを書いたのは去年のクリスマスの日だったから、わずか1月も経たずして予想は現実のものとなった。

◆仮想通貨の取引所を運営する大手の会社はテレビコマーシャルを流しているが、芸人の出川哲朗さんを起用したCMをご覧になった方もおられるだろう。「なんでビットコイン取引は〇〇(取引所の名前)がいいんだ?兄さん。まさか?」「兄さんが知らないはずないだろう」「じゃあ、教えてよ。なんでビットコインは〇〇がいいんだよ、兄さん?やっぱ、知らないんだ!」「兄さんが知らないはずないだろう」「じゃあ、教えてよ。やっぱ知らないんだよ、兄さん知らないんだよ!」

◆僕の友人は、これこそがビットコイン・バブルの本質ではないかと指摘する。知らないのだ。ビットコインとは何かを。ブロックチェーン技術の仕組みも、フィンテックへの応用の可能性も、その将来性・発展性も。そういうことは一切知らないで、ただ値段が上がるから買っている。買うから上がる。上がるから買う。まさに価格だけがひとびとの投機を煽る。ジョージ・ソロスのいう「再帰性」の理論である。

◆最近の急落は、各国による仮想通貨に対する規制の強化が背景にある。そうしたなか、米国SEC(証券取引委員会)は仮想通貨のETF組成に対して事実上容認しないともとれる厳しい条件を提示した。ビットコイン狂騒曲はこれでひとやま過ぎたのではないか。もちろん、再度上昇し高値を更新することだってあるだろう。乱高下も続くに違いない。しかし、ここ最近見られたような異常な値上がりの仕方は、もうしばらくないだろうと思う。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:1/24配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below