January 29, 2018 / 5:39 AM / 3 months ago

花粉症対策も関連銘柄への投資も早めがお勧め、SMBC日興証券(花田浩菜)


*14:34JST 花粉症対策も関連銘柄への投資も早めがお勧め、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/29付の「DailyOutlook」では、花粉症対策関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『今年も憂鬱な季節が迫ってきた。日本気象協会が1月16日に発表した「春の花粉飛散予測」によると、今年の飛散量は総じて例年並みであるものの、前シーズン比では、東北は約2倍、関東甲信、四国では約1.5倍の予想となっている。スギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から3月上旬、東京では3月上旬から4月上旬となるようだ』と伝えています。

続けて、根本的な解決策として国は無花粉スギや少花粉スギの植林に力を入れていることを挙げ、『ただし、こうした品種の開発や生産については即効性がなく、あくまでも長期的に取り組む施策にとどまる。日本リサーチセンターの調査によれば、花粉症/花粉アレルギーを有する人の割合は、2003年は25%だったが、2011年以降は33~38%となっている。花粉症はすでに日本の「国民病」といえるだろう』と分析しています。

さらに、『花粉のばく露を防ぐ方法としては、マスク、メガネ、手洗い、室内の換気などが挙げられる。マスクの使用で、吸いこむ花粉の量を約1/3~1/6に減らすことができるといわれているほか、メガネでも目に入る花粉量を数十%防げるようだ。マスクや空気清浄機は、花粉以外にもPM2.5などの有害物質微粒子を防御・除去することが可能だ。花粉対策は飛散が始まる1ヵ月程度前から始めるよう勧められている。投資としての花粉症関連も、春のシーズンテーマであることを念頭に、早めの対策で臨みたい』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な関連銘柄』を紹介しています。具体的にはダイキン6367やユニチャーム8113、田辺三菱4508など全10銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/29付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below