January 31, 2018 / 5:42 AM / 7 months ago

円高の影響を受けにくい内需株~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)


*14:36JST 円高の影響を受けにくい内需株~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラント証券のコラムで「円高のタイミングで注目すべき銘柄」について興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

ダボス会議での要人発言によって円高が進行しています。こういった市況の時には「為替の影響を受けにくい内需株」に資金が流れていくシーンは、これまでにも何度も見られています。そこで、『外食、インバウンド消費、インターネット』企業には注目しておくべきだと同コラムでは述べています。

円高の要因となった要人発言ですが。2018年ダボス会議が1月23日(火)- 26日(金)の日程でスイスのダボスで開催されました。ここで『日銀・黒田総裁が「2%のインフレ目標の達成を難しく、かつ時間の掛かるものにした要因は数多くあるが、ようやく目標に近い状況にあると思う」と述べたことが円高進行の決定的な要因となった。ここまで日銀が取ってきた金融政策の転換を示唆しているのでは?と判断された』と同コラムでは分析しています。さらに『ムニューシン米財務長官の、「明らかにドル安はわれわれにとり良いことだ。貿易や各種機会に関わるからだ」とのドル安を容認するかのような発言』もさらに円高を進行させたようです。

こうした中において、投資資金が「内需株シフト」の動きを強める可能性に備えておくことが有効だと言えそうです。外食株はその対象となりそうで、なかでも、くらコーポレーション2695、スシローグローバルホールディングス3563などの『回転寿司を展開する銘柄の動き』に同コラムでは注目しています。また、インバウンド消費関連株の筆頭であるオリエンタルランド4661やインターネット分野でGMOインターネット9449などにも強い動きをするものが散見されると締めくくっています。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の1月31日付のコラム「円高時、内需株へ資金シフトする“いつものシーン”が見られるか」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below