February 1, 2018 / 12:13 AM / 24 days ago

NYの視点:米1月FOMC、3月の利上げ基盤作る


*09:09JST NYの視点:米1月FOMC、3月の利上げ基盤作る
米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り、政策金利である(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を1.25-1.50%に据え置いた。声明では、インフレが短期的に上昇すると自信を一段と強め、判断が引き上げられた。金利も「gradual increases 段階的な上昇」から「further gradual increases 段階的な更なる利上げ」と、金利見通しも引き上げ。3月の利上げ基盤を作った。

インフレ判断の文言で12月の「本年の総合インフレ、コアインフレは低下し、引き続き2%以下で推移」⇒1月には「本年の総合インフレ、コアインフレは引き続き2%以下で推移」と、12月分にあった「インフレが低下し」が削除された。また、市場ベースのインフレ指標に関しては、12月分では「引き続き低い」⇒「市場ベースのインフレ指標はここ数カ月で上昇、しかし、依然低い水準」と、「ここ数カ月で上昇」が加えられた。

また、年率インフレは12月分では「近い将来、いくらか2%を下回る水準で推移」にとどめられたが1月分では「年率インフレは本年上昇すると予想」に引き上げ。インフレが「中期的に2%目標前後でもみ合う」「短期的な経済見通しのリスクは概ね均衡」との文言は据え置かれた。

金利に関して、
「委員会は緩和策の段階的な修正を予想
with gradual adjustments in the stance of monetary policy」⇒
「委員会は段階的なさらなる利上げを予想 with further gradual adjustments in the stance of monetary policy」、
「委員会は経済の状況が緩やかな利上げを正当化
will warrant gradual increase in the federal funds rate」⇒
「委員会は経済の状況が 緩やかな更なる利上げを正当化
will warrant further furgher gradual increase in the federal funds rate」と、
Further(さらに)がつけ加えられ利上げペースの加速が示唆された。

この結果を受けて、米10年債利回りは2014年4月来の高水準となる2.75%まで上昇した。ドルもいったん下げ止まった。

◎昨年12月声明と1月声明の違い

●インフレ
「本年の総合インフレ、コアインフレは低下し、引き続き2%以下で推移」⇒
「本年の総合インフレ、コアインフレは引き続き2%以下で推移」、「低下し」を削除

「市場ベースのインフレ指標は引き続き低い」⇒
「市場ベースのインフレ指標はここ数カ月で上昇、しかし、依然低い水準」、「ここ数カ月で上昇」を追加。

「年率インフレは近い将来、いくらか2%を下回る水準で推移」⇒
「年率インフレは本年上昇すると予想」

●金利
「委員会は緩和策の段階的な修正を予想
with gradual adjustments in the stance of monetary policy」⇒
「委員会はさらなる段階的な利上げを予想「with further gradual adjustments in the stance of monetary policy」と、
further がさらなる追加された

「委員会は経済の状況が緩やかな利上げを正当化
will warrant gradual increase in the federal funds rate」⇒
「委員会は経済の状況が緩やかなさらなる利上げを正当化will warrant further gradual increase in the federal funds rate」、
Further さらにが加えられた。

●雇用、消費など、
「雇用は堅調、失業率は一段と低下、消費は緩やかなペースで拡大、
ビジネスの設備投資はここ数四半期加速」⇒
「雇用の伸び、商品、ビジネス設備投資は堅調。
失業率は引き続き低水準で推移した」
「中期的に2%目標前後でもみ合い」
「短期的な経済見通しのリスクは概ね均衡」は据え置き


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below