February 9, 2018 / 2:47 AM / 10 months ago

アジアの大学ランキング 中国メディア「日本を圧勝」にネットは冷やか


*11:40JST アジアの大学ランキング 中国メディア「日本を圧勝」にネットは冷やか


 英教育誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは2月6日、アジアの大学ランキングを発表した。2017年に続き、トップ10にランクインした日本の大学は東京大学1校のみとなった。順位は昨年より一つ下げて8位。京都大学や大阪大学など11校が100位以内にランキング。100位以内に入ったのは昨年より1校減った。


 1位はシンガポール国立大学。中国の清華大学と北京大学はそれぞれ2、3位を占めた。トップ10に入った中国の大学は5校。100以内には中国の大学は39校と最多。


 同ランキングは2013年から中東を含むアジアの大学を13指標で評価している。6年の間、日本の大学の順位下げは目立っている。100位以内に入った11校のうち、7校は順位が下がっている。


 同誌は日本について、研究への評価や論文引用回数などは向上しているものの、中国の台頭で東大の8位も今後は危ういと指摘している。


 一方、100位以内に入った24校の中国の大学のうち、17校は17年より順位が上昇している。中国メディアは「日本に圧勝した」と報じた。


 しかし、中国人ユーザーはこの結果を冷静に見ている。

「中国では近年、大学の統合が進んでおり、一つの大学に研究者が増えれば、論文の数が増えるのは当然だ」

「中国の大学は共産党の学校だ。自由精神がないのは大学にとって致命的だ」

「ランキング35位の名古屋大学から5人のノーベル賞の受賞者を輩出している」

「このランキングは何の意味もない。東大はアジアでは当然No.1。ノーベル賞の受賞者の数を見れば分かる」


 (翻訳編集・李沐恩)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below