February 9, 2018 / 7:18 AM / 5 months ago

中国2隻目の国産空母、戦闘機搭載数40機に=米誌


*16:08JST 中国2隻目の国産空母、戦闘機搭載数40機に=米誌


 中国当局は、国産航空母艦(空母)の製造を加速化している。ウクライナから購入した空母を基に改造した「遼寧」がすでに就役しているほか、軍当局は国産空母を続々と進水し就役しようと計画している。また、当局は戦闘機搭載量の拡大、攻撃威力の強化を中心に空母を製造しているという。


 米科学技術誌・ポピュラーメカニクス(PopularMechanics)(1月19日付)によると、今製造中の中国2隻目の国産空母「002」の体積は、「遼寧」と1隻目国産空母「001A」より大きいという。また排水量も前2隻より高く、8万トンに達する。「002」は電磁式カタパルトによる艦載機発艦方式を取る。


 同誌によると、中国当局は2015年3月、国営中国船舶工業集団公司(CSSC)傘下江南造船有限責任公司の上海長興島造船基地で、「002」を製造し始めた。来年内に建造が終了するとの見込みだ。


 「002」の全長が、前2隻と比べて長いため、空母用または戦闘機用の燃料を積載できるという。


 また、戦闘機の搭載可能機数は40機とみられる。「遼寧」は24機で、「001A」は30機と推定されている。


 米誌は、当局は今後「002」において、「紅旗10(HQ-10)」近接防空システムやミサイル・魚雷防衛システムなどの兵器装備、医療設備、海水淡水化設備を増強していくと予測している。


 ロシアの軍事専門家のカシェン氏は2016年、中国が建造中の2隻目空母はソ連時代の航空母艦「ウリヤノフスク」の資料を参考にしているかもしれないと述べた。。「ウリヤノフスク」は満載排水量が7万9000トン以上の大型原子力空母で、建造は完工できなかった。

2017年6月に進水した初の国産空母とうたった001A型について、カナダ軍事専門誌「漢和ディフェンス・レビュー(漢和防務評論)」の平可夫編集長は、同空母の基本構造は旧ソ連のアドミラル・クズネツォフ(Kuznetsov)空母を完全に複製したものだと分析した。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below