February 10, 2018 / 5:55 AM / 6 months ago

日米欧の注目経済指標:日本の10-12月期GDP成長率は鈍化の公算


*14:51JST 日米欧の注目経済指標:日本の10-12月期GDP成長率は鈍化の公算
2月12日-16日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■14日(水)午前8時50分発表予定
○(日)10-12月期国内総生産一次速報値-予想は前期比年率+1.0%
昨年後半における個人消費は特に悪化していなかったようだが、輸入拡大によって外需の寄与度はゼロに近いとみられている。住宅投資はピークアウトしているとみられており、昨年10-12月期の経済成長率は7-9月期との比較で鈍化する見込み。ただし、設備投資はまずまず順調だったことから、1%程度の成長となる可能性は残されている。

■14日(水)午後7時発表予定
○(欧)ユーロ圏10-12月期域内総生産改定値-予想は前年比+2.7%
速報値は前年比+2.7%のやや高い伸びとなった。需要項目別の寄与度については、個人消費と純輸出の寄与度が相対的に高いとみられている。参考指標となる12月のユーロ圏総合PMI改定値は58.1と上昇基調にあることから、10-12月期のGDP改定値は速報値と同じ伸びになると予想される。

■14日(水)午後10時30分発表予定
○(米)1月消費者物価コア指数-予想は前年比+1.7%
参考となる12月実績は前年比+1.8%だった。賃貸家賃は、帰属家賃の伸びが寄与した。1月については、医療サービスや賃貸家賃が12月と同等の伸びを記録したとみられており、コアの物価上昇率は12月実績と同水準の前年比+1.8%になってもおかしくない。

■14日(水)午後10時30分発表予定
○(米)1月小売売上高-予想は前月比+0.3%
参考となる12月実績は前月比+0.4%で順調な伸びとなった。商務省によると、建材・園芸の分野が前月比+1.2%で特に好調。自動車は+0.2%だった。税制改革法が個人消費に与える影響が注目されており、外食、服飾、運動・娯楽用品などの売上増が予想されており、市場予想は妥当な水準か。

その他の主な経済指標の発表予定は、13日(火):(日)1月国内企業物価指数、14日(水):(米)12月企業在庫、(独)10-12月期国内総生産、15日(木):(米)1月生産者物価指数、(米)1月鉱工業生産、(米)2月NY連銀製造業景気指数、(米)12月ネット長期TICフロー、16日(金):(米)1月住宅着工件数、(米)1月建設許可件数、(米)2月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below