February 13, 2018 / 12:00 AM / 11 days ago

NYの視点:トランプ政権は成長見通しを引き上げ、債務も拡大見込む


*08:58JST NYの視点:トランプ政権は成長見通しを引き上げ、債務も拡大見込む
トランプ米大統領は2019年度予算教書を公表した。今後10年間で1.5兆ドル規模のインフラ投資が明らかになった。防衛費を大幅に増強するうえ、新たに国境の壁建設や退役軍人のヘルスケア改善、鎮痛剤「オピオイド」乱用対策のための新たな費用を求める。一方で、小さな政府を求めるトランプ政権は、非国防の費用を大幅に削減することを要請。連邦と州が負担し、州が運営する低所得者向け医療費補助制度のメディケイドを縮小させるほか、高齢者向けの医療費補助制度であるメディケアの削減したい考え。オバマケアの撤廃でおおよそ6800億ドルを倹約する。ただ、議会の支持を得ることは困難と考えられている。

また、予算教書に用いられた政府の予想で、成長見通しは前回の水準から引き上げられた、2018年国内総生産(GDP)見通しは、+3.0%(前回2.4%)、2019年は+3.2%(前回+2.7%)、2020年は3.1%(+2.9%)にそれぞれ引き上げ。財政赤字は、2018年会計年度が8730億ドルに膨れ上がる見通し。2019年度はさらに拡大し、9840億ドルが予想されている。成長の拡大は好感材料だが、同時に債務拡大が格付け引き下げなどの圧力になる可能性はリスクとなる。米信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、財政赤字の大幅な拡大が長期的に現行の最上級であるAaa格付けが引き下げられる圧力になりうると指摘した。

■ホワイトハウス見通し

◎GDP
「2018年実質GDP成長率 3.0%(前回2.4% )、2019年 3.2%( 2.7%)、2020年3.1% ( 2.9%)

◎インフレ
消費者信頼感指数(CPI):2018年 2.1%(2.3%)、2019年2.0%(2.3%)、2020年2.2%( 2.3%)

◎失業率
2018年:3.9%( 4.4%)、2019年:3.7%( 4.6%)、2020年:3.8%( 4.7%)

◎米10年債利回り
2018年: 2.6%(3.3%)、2019年:3.1%、2020年3.4%

◎財政赤字
2018年会計年度:8730億ドル(4400憶ドル)、2019年FY:9840億ドル


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below