February 13, 2018 / 7:11 AM / 8 months ago

政治から読み解く【経済と日本株】民進党:原口議員は日銀金融政策について集中審議を要請


*16:07JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進党:原口議員は日銀金融政策について集中審議を要請
民進党は「衆院予算委員会で13日、経済問題等をテーマに集中審議が行われ、無所属の会の原口一博議員が質疑を行いました。原口議員は、「出口戦略についてもきっちり議論すべきだ」と日銀の金融政策について集中審議を要請しました」とツイート。(2/13)

民進党のHP上で公開されている資料によると、原口議員は、「『いざなぎ越えの景気回復』と言うが、83%以上の人が景気回復を実感できないとしている」と述べ、夏休み中は給食がなく1日1食で痩せてしまう子どもがいることや、ブラック企業で就業することに若者が不安を抱えていること、1人で老後を過ごすことに不安を持っている高齢者が増えていることを指摘した。こうした状況を踏まえて原口議員は、「誰一人一人ぼっちにしない政策こそ求められている」と強く訴えた。

また、日本銀行の金融政策について原口議員は、「今は世界的バブル崩壊の過程ではないか。中央銀行が国債や株を買い込みバランスシートを拡大させて、それをもとに金融緩和をする中央銀行バブル。この副作用は巨大で、純債務が世界中に増える事態は極めて深刻だ」と批判。マイナス金利政策が地方銀行の収益を圧迫し、日銀がETFを買い入れすることが官製市場であることを指摘し、「市場のことは市場に任せる。日銀は本来の経済のアンカーである矜持を取り戻すべきだ」と述べている。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below