February 13, 2018 / 11:32 PM / 3 months ago

仮想通貨の広告の審査代行「仮想通貨広告パトロール」の提供開始


*08:24JST 仮想通貨の広告の審査代行「仮想通貨広告パトロール」の提供開始
総合ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアン株式会社は、仮想通貨の広告の審査を代行する新しいサービスである「仮想通貨広告パトロール」の提供を、2018年2月8日(木)から開始した。

イー・ガーディアンは、インターネッと環境を安心で、安全なものにするために、普段から、投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングなどを業務を行っている企業である。
ビットコインをはじめとする仮想通貨は主にインターネット上で取引をしており、2017年は仮想通貨元年といわれるほど、仮想通貨の価格が急激に膨らみ、時価総額が大きく跳ね上がった。しかし、コインチェックでのハッキングで500億円以上の仮想通貨が盗難にあうなど、仮想通貨取引交換所の運営体制や管理体制など未熟さが問題視されている。
さらに、メディアに登場する仮想通貨関連の広告も射幸心をあおるものも見受けられ、それらが詐欺的行為を助長しかねないとの判断から、アメリカのfacebookは仮想通貨の広告の全面禁止にしている。
仮想通貨をめぐるこうした現状を受けて、今後、仮想通貨関連広告の大手メディアへの掲載制限や広告コンテンツの規制厳格化が求められることは十分考えられる。そこで、イー・ガーディアンとしては、仮想通貨取引所や広告代理店を対象に、仮想通貨に関する広告の審査代行を行う新サービス「仮想通貨広告パトロール」を開発し、提供することとなった。
このサービスは、ブロックチェーンの主要団体などが発表する広告配信における留意事項や顧客企業の基準、ガイドラインや景品表示法などの広告関連法に基づき、専門スタッフが掲載前や掲載中の広告の原稿チェックを行うというものである。
イー・ガーディアンが持っているカードローンやクレジットカード、FXでの広告審査代行業務で培ったノウハウを活用して、専門性と質の高いサービスの提供を行うことで、仮想通貨の広告コンテンツの健全性や信頼性の担保に貢献するつもりだ。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below