February 16, 2018 / 11:27 AM / 8 months ago

旧正月直前 中国で地震頻発、ネット上で不安の声


*20:20JST 旧正月直前 中国で地震頻発、ネット上で不安の声


 今月に入ってから、中国各地で地震が観測された。15日だけで新疆、チベットなどで4回の地震が発生した。


 中国地震ネットワーク・センター(CENC)の発表によると、北京時間15日午前6時30分、新疆ウィグル自治区アクト県でマグニチュード(M)3.9の地震が発生した。震源の深さが5000メートル。同日午前1時頃、伊寧縣でM3.9、午前7時58分、チベッド那曲地区ニマ県でM4.2、同日午前11時27分、雲南省シャングリラでM4.0の地震がそれぞれ観測された。 


 14日、北京市に隣接する河北省の張家口でM3.2の地震も発生、北京市内でも揺れが観測された。


 2日、中国南部の雲南省瑞麗市でM4.3、8日新疆ウィグル自治区バルクル・カザフ自治県でM4.2の地震が観測された。


 9日には、3カ所で地震が発生した。北京時間午前5時頃、チベット高原北部にある青海省玉樹チベット自治州雑多県でM4.0、午後7時頃、河南省南陽市でM4.3、午後11時頃には雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州景洪市でM4.9。


 さらに、12日河北省廊坊市永清県でM4.3、13日青海省海西州都蘭県でM4.0の地震が発生した。


 中国は16日に旧正月を迎える。新年を祝うムードが広がっている中で、インターネット上では、ネットユーザーらが頻発する地震を不吉な前兆と捉え、コメントを寄せている。


 「もうすぐ新年なのに、地震が頻発している。北京周辺の廊坊や張家口でも発生した。なぜ北京の周りで起きるのか」


 「次は北京か」


 「地震が連続的に起きているのは、やはり大地震の前兆なのか」


 「2018年は大丈夫か」

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below