February 20, 2018 / 9:30 AM / 6 months ago

ブラックロックが米国株に対する投資評価を引き上げ、工業品銘柄も強気に? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*18:29JST ブラックロックが米国株に対する投資評価を引き上げ、工業品銘柄も強気に? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日はマーケット全体の展望についてのレポートをご紹介します。

グローバルに資産運用、リスク・マネジメント、アドバイザリー・サービスを提供している世界有数の資産運用会社のブラックロックをご存知ですか?金融界で「全能の神」「ウォール街の巨人」とも呼ばれているブラックロックが今後3カ月間の米国株に対する投資評価をニュートラルからオーバーウエイトに引き上げました。

レポートでは、『ブラックロックのストラジテストが米国株の投資判断を明らかなポジティブとするのは1年7か月ぶりとなります』と伝えており、『米企業の収益拡大に勢いがある。米税制改革や政府の歳出拡大案に伴うプラスの効果が企業収益拡大の原動力となる。2月初旬の株価急落によって、米国株のバリエーションは魅力が高まった。市場では、米税制改革や政府歳出案に伴うプラスの効果についてなお過小評価されていると確信している。現在の強気相場において、短期的にはバリュエーションよりも企業収益が焦点となる。経済の力強さは既に企業収益の勢いを変化させており、米税制改革や政府の歳出案はそうしたトレンドに火をつけることになるだろう』とブラックロックの分析を抜粋し紹介しています。

ブラックロックが米国株に対して強気な見方となるのは世界の金融市場にとってもポジティブですよね。

最後にレポートでは、『これからリスクオンの流れが再び強まることも考えられるので、原油や白金、天然ゴムといった工業品銘柄に対しては、しばらく強気な見方も一考ではないでしょうか』とまとめています。米国株とともに引き続き注視してまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の2月20日付の「マーケット全体の展望」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below