February 21, 2018 / 6:07 AM / 6 months ago

政治から読み解く【経済と日本株】立憲民主・近藤氏:ドイツはどのようにして脱原発に舵を切ったか


*15:01JST 政治から読み解く【経済と日本株】立憲民主・近藤氏:ドイツはどのようにして脱原発に舵を切ったか
近藤氏は「メンバーのお一人であるミランダ・シュラーズさんの講演会が、いよいよ今週末24日に迫りました。ぜひ、ご参加ください」とツイート。(2/21)


ドイツ政府は2011年に原発8基の運転を停止し、残り九基も段階的に稼働停止することを決定している。2022年末までにドイツ国内の全ての原発が停止する計画となっている。ドイツのヘンドリクス環境・建設・原子力安全相が昨年7月に東京新聞に寄稿した論文によると、ドイツでは再生可能エネルギーが大幅に拡大しただけでなく、国内の政治論争が納得いく形で収束し、エネルギー政策、気候変動政策の将来のあり方が示された。

ドイツのエネルギーシフトは、同様の計画を進める他国にとってモデルケースとなるだけではなく、ドイツ自身が他の部門や業種で構造改革を行う際に役立つ多くのことを学んでいると述べられている。ドイツは2050年までに温室効果ガスニュートラル(排出量と吸収量を相殺)を広範囲で実現しなければならない。そのために必要な変革を社会とともに形づくり、社会的、経済的、環境的に持続可能な行動をとるようになることを目指していると述べている。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below