February 21, 2018 / 11:08 PM / 3 months ago

米証券当局、中国投資会社のシカゴ証取買収を承認せず


*07:59JST 米証券当局、中国投資会社のシカゴ証取買収を承認せず


 米証券取引委員会(SEC)は15日、中国投資会社によるとシカゴ証券取引所(CHX)の買収案を却下した。米トランプ政権の中国資本への根強い警戒感が主因だとみられる。


 シカゴ証券取引所は1882年創立。現在同取引所の米国の1日の株式売買に占める割合は0.5%にとどまっている。中国投資会社、重慶財信企業集団が2016年2月CHXとの間で買収をめぐって合意し、SECに対して承認を求めた。


 SECは公式サイトで、買収案を退けた理由として「証券関連法に則ったものであるという十分な証拠を提出できなかった」と挙げた。


 一方、米紙・ウォールストリート・ジャーナルによると、買収案に反対する米共和党と民主党の国会議員らが昨年10月、SECに対して承認しないよう書簡を送った。議員らは、中国資本がCHXを買収すれば、中国当局が米国金融システムまで影響力を拡大しかねないと強い懸念を示した。


 SECは一時、同買収案に関して前向きな姿勢を示していた。しかし、昨年トランプ政権が発足した約半年後の8月、SECはすでに最終審理段階に至った同買収案を見なおす必要があるとの見解を示し、審査結果の発表を延期するとした。


 当時、SECが発表した声明では、買収案の承認を決める投票では、事前に予定したSEC委員会5人の委員ではなく、3人の委員で行うとした。この3人には、トランプ大統領が任命したジェイ・クレイトンSEC委員長が含まれていた。


 トランプ大統領は16年の大統領選挙中、中国投資会社によるCHX買収案に言及し、「(買収が成立すれば)米国国民は仕事と財産を失うだろう」と批判した。


 CHXの親会社であるCHXホールディングスがSECの却下決定をめぐって、米法律により合衆国控訴裁判所に上訴するかどうかに、今注目が集まっている。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below